私たちのこと
ホーム>
私たちのこと >
谷村工務店の歩み

谷村工務店の歩み

谷村工務店の沿革


谷村工務店は初代徳治郎が 明治40年に起業した大徳が原点です。

初代徳次郎は明治17年5月12日生まれ。
日露戦争に出兵、終戦後帰郷し大工の棟梁となった徳治郎は明治40年。
24歳で、現在地枚方市田口に大徳を起業します。 大徳の名称の由来は大工の徳治郎から来ております。

2代目谷村吉治は大正14年3月6日生まれ。
大徳という名称から谷村工務店に変更され、建築業法制定後、建築業者登録をうけることになります。

枚方市田口の大工さん=谷村工務店
100年以上にわたり、地域の大工さんとしてご愛顧いただいている谷村工務店

現代表は3代目谷村昭
一級建築士、宅地建物取引業者、特殊建物等調査資格、インテリアプランナー、建築施工管理、等多種多様の建築物に対応できる谷村工務店に発展。
ホームドクターとしてのさらなる地域密着を目指し、
『デザインやプランに妥協しないこと=必ずしもお金をかける』ではない。
設計やデザインが住まいづくりをするうえで重要な役割を担います。
お客様の予算に合わせ、美しく機能的な住まいづくりを追及しています。

枚方田口から京都八幡、寝屋川、交野、他大阪北部から京都南部にかけてが主な活動地域としておりまた、連携工務店とのタイアップで大阪府内全域にまで安心してお任せいただける工務店となりました。

代表挨拶

谷村工務店谷村昭

谷村工務店の仕事は、建て主様の財産を作り上げることです。

コンセプト=安全に住まう。快適に住まう。
便利に住まう「住まう」のコンセプトとして我々谷村工務店の住まい造りに関わるものたちは住まう人の身になって住まいを創造することが第一だと考えています。
夢をかたちに
そのため、住まう人の想いを住まいに一つでも多く取り入れたいという思いで計画段階や建物施工中の各工程段階で住まう方との意見のキャッチボールを大切にしています。
キーワード=健康・快適・省エネ・環境・安全
住まう方が気持ちよく暮らせて、安全に長持ちする住まい造り、誠実な建物造りをモットーに毎日仕事に取り組んでいます。

造るものとしてお客様がうれしい笑顔を見せてくれるのが一番の喜びです。
谷村工務店はおかげさまで平成19年で、100周年を迎えました。皆様からのご愛顧、心から感謝しております。本当にありがとうございます。どうぞ、これからもよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る