目的別リフォーム
ホーム>
目的別リフォーム >
介護改修・リフォーム
 

介護リフォームとは

介護リフォームとは

介護改修工事の流れ

施主様(またはケアマネージャー)から依頼

施主様宅にて打ち合わせ

工事前の写真撮影

施主様にプラン・見積もりを提出・打ち合わせ

工事決定

補助金等利用の際は、諸手続きを行います。

工事着手

工事終了後の写真撮影

工事終了後の写真撮影

終了後の諸手続きを行います。

 

 

介護保険で適用となる住宅改修
1手すりの取付
2床段差の解消
3床材の変更
4引き戸等への扉の取替
5引き戸等への扉の取替
6その他1~5の住宅改修い付帯して必要となる住宅改修

ワンポイント介護改修

利用者さまの病状や、同居されているご家族さまとのお話し合いからご提案させていただきます。

玄関の手すり

玄関は基本的に段差があり上がり下がりの動作が伴います。力を掛けやすい形状や配置に考慮した計画とします。また、外部の手すりや廊下からの手すりとの連携も考慮します。  

階段の手すり

本来であれば両側に手すりがあればよいのですが、どうしても狭くなるとのことから両側設置は敬遠されがちです。しかし、足腰の弱い方の利用であれば両手で体を支えることができることのほかに、空間が狭くなったことで体自体をゆだねながら移動することもできます。  

浴室用手すり

手すりは既製品ばかりではなく、それぞれの利用者様に応じたオーダー品もございます。または既製品の組み合わせによってさまざまなプランにも対応しています。最近では素手で握っても滑りにくく、ヒヤッとしない樹脂を巻いた商品などもございます。

トイレの改修

主に和便器から洋便器(主にウォシュレット付)に改修が多いです。トイレの改修が前面であれば、トイレの中を広くすることと床の段差解消を同時に計画したいところです。また、さまざまな負担を軽減するためのセンサー付き機器などを組み込むなど、現状に応じご本人さまに合ったご提案をさせていただきます。
バリアフリーのシステムキッチン
足元が広くオープンになっており、ワークトップの高さを選ぶことができ、手すりもついた、使いやすさと安全に配慮した設計。椅子や車いすに座ったままで、作業や移動がスムースです。
足もとひろびろ設計 シンクからコンロの下までオープンな設計です。足を入れるスペースが広く、椅子や車いすに座ったままラクに使えます。
ワークトップの高さは1cmきざみで13種類 高さは73~85cmの間で13種類。1cmきざみで選べるので、車いすでも膝がつかえることなく足を入れることができます。
移動をラクにする手すり シンク側に手すりがついているため、左右への移動や、車いすの方向転換、引き寄せ等の動きをサポートします。
自然な姿勢で使えるシンク 座っていても奥まで手が届き、座っていても使いやすい深さのシンク。ステンレス製で熱に強くお手入れも簡単です。
作業がはかどるハンドシャワー水栓 シャワーヘッドが引き出せて、シャワー・浄水への切り替えもでき、温度調節も簡単。身体を無理に伸ばすことなく使えます。
安心安全に配慮し、お手入れ簡単な加熱機器 火まわりへの安全の配慮はもちろん、おいしく仕上げる機能や省エネ機能などに優れた最新の加熱機器です。 ※IHヒーターと、ガスコンロからお選びいただけます。
座ったまま操作できるレンジフード 連動タイプのコンロを選べば点火時に自動で作動するだけでなく、オプションの専用リモコンで操作することもできます。
必要なところにサッと手が届くキッチン収納 中間棚やキャスター付ワゴンが座ったままでの作業を快適にサポートします。ウォールキャビネットが付属しているほか、オプションで大容量のトールキャビネットもお選びいただけます。
バリアフリー洗面
車いすに座ったままでも、足元にゆとりがある薄型カウンタータイプの洗面化粧台があります。

介護改修工事の流れ

施主様(またはケアマネージャー)から依頼

施主様宅にて打ち合わせ

工事前の写真撮影

施主様にプラン・見積もりを提出・打ち合わせ

工事決定

補助金等利用の際は、諸手続きを行います。

工事着手

工事終了後の写真撮影

工事終了後の写真撮影

終了後の諸手続きを行います。

 

 

ページの先頭へ戻る